上塩尻蚕種製造民家群1 蚕種製造の中心地:上塩尻「大村」

上塩尻蚕種製造民家群1 蚕種製造の中心地:上塩尻「大村」

ダウンロード

明治30年発行の「長野県小県郡熱心蚕種製造家一覧」には、上田町を中心に郡下163戸の蚕種製造家の氏名が記載されている。その2/3の107戸は、旧塩尻村(上塩尻58,下塩尻20、秋和29)がしめている。塩尻とともに西部地域に属する(鎌原7,諏訪部2)も加えると上田盆地の西部、千曲川北岸が蚕種製造の中心だったことがわかる。
上塩尻の中でも53戸の蚕種製造家が集中している「大村」(字:北側・南側)は、千曲川と虚空蔵山に挟まれた大沢の扇状地の斜面で、千曲川の洪水を受けにくく、江戸時代には信越、北陸を結ぶ北国街道が通っていた。上塩尻村の中心である「大村」は、扇状地の上部を北国街道が西の扇端部に向かって下り、平坦部を通る国道18号線とがけ下で交わる西端地点を頂点し、東500mの塩尻小学校の西縁とそこから北に向かい北国街道と結ぶ200mほどの道を底辺にする二等辺三角形の狭い地域で、明治20年代の地籍図では100戸ほどの民家が集中している。
写真は、上田市誌「図で見る町や村の移り変わり」(平成10年の撮影)より。⑦が北国街道、⑮塩尻小学校から左手⑦が国道18号、⑮から右上⑦の北国街道の三辺に囲まれた三角形のあたりが上塩尻「大村」。⑧から北陸新幹線の高架がトンネルに入る。

登録日:2022-04-03 投稿者:やまさん
地区コード上塩尻(塩尻地区)
ハッシュタグ
(キーワード)
    ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
    投稿者やまさん
    管理番号3166
    カテゴリ名蚕種の郷
    トップにもどる
    地図で見る
    情報を探す
    キーワード
      同じキーワードを持つ記事