「蚕種の郷」座摩(ざますり)神社の祭礼 1

「蚕種の郷」座摩(ざますり)神社の祭礼 1

ダウンロード

5月3日、上塩尻の #座摩神社 の祭礼が行われました。今年は、コロナ感染のため3年ぶり、神職と役員のみでひっそりと拝礼するだけでした。しかし、昭和の半ばまでは、座摩神社の祭礼といえば、「 #蚕影様 (こかげさん:蚕の神様)のお祭」として、上田・小県はもちろんのこと、遠くは水内、高井郡をはじめとして、佐久、北上州まで鳴り響いていたそうです。
 江戸時代の半ばから昭和の初期まで養蚕は、国や地域の経済、農家の生活を支える重要な仕事でした。しかし、飼育技術が確立するまでは当たり外れが大きく、運に任せることが大きい仕事でした。上塩尻は、優良な蚕種を作るともに、飼育技術の改良・普及に努め、生産量ばかりでなく、品質の面からも日本一の「 #蚕種の郷 」と言われていました。その上塩尻の「蚕影様」の祭典は、八十八夜、桑の葉も大きくなり新しい年の養蚕が始める時で、「今年も」、「今年こそは」と豊蚕を祈願する近隣の養蚕農民がこぞってやってきて、盛大な祭典が行われていたそうです。
 上塩尻の高遠直一さんの「座摩神社 祭礼覚え書」(「上田盆地」18号)からその様子を紹介します。写真は、「塩尻地区写真集」からお借りしました。

登録日:2022-05-03 投稿者:やまさん
地区コード塩尻地区
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者やまさん
管理番号3175
カテゴリ名祭・イベント