上塩尻に特徴的な石垣の文化

上塩尻に特徴的な石垣の文化

ダウンロード

上塩尻に特徴的な石垣の文化

ダウンロード

上塩尻の大村は旧北国街道沿いにあり、かつ傾斜地に展開しています。家々ごとに高低差があり、また坂道も多く、そのため石垣が各所に築かれています。

それらの石垣はそれぞれが精緻に築かれ、この地域の独特な景観美にすらなっています。地元の方に聞いた話によると、これらの石垣は高遠(たかとお)の石工職人が築いたものであるらしい。そのことにも興味を引かれました。

高遠の石工をネットで調べてみると直ちにその状況がわかりました。

高遠石工の活躍した時代背景(長野伊那谷観光局)

おそらくは江戸時代、高遠の職人たちがこの地に来て石垣を築いたと思われます。その時代背景や石垣の特色など、この地域の特色を知りたいものです。

登録日:2022-09-04 投稿者:ミッチー
地区コード上塩尻(塩尻地区)
ハッシュタグ
(キーワード)
    ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
    投稿者ミッチー
    管理番号3066
    カテゴリ名北国街道
    トップにもどる
    地図で見る
    情報を探す
    キーワード
      同じキーワードを持つ記事