キーワードで探す
並び替え:

登録リスト(該当:7件)

写真タイトル説明登録日
1猫瓦を調べてのまとめ(サンプル4)猫瓦を調べてのまとめ(サンプル4)猫瓦について調べてみて、何のためのものなのかということや、いつからあるのか、どんな種類のものがあるのかが今回分かりました。調べてみてとても面白かったです。2022-07-19
2猫瓦はいつからあるのか(サンプル3)猫瓦はいつからあるのか(サンプル3)猫瓦はいつからあるのかを調べてみようと思い、地元の方にお話を聞きました。古い猫瓦をいくつか見せてもらい、それらはおよそ1800年前後のものではないかということを言っていました。2022-07-19
3猫瓦とは(サンプル2)猫瓦とは(サンプル2)猫瓦というのは、蚕を育てる中でネズミに食べられないようにするために屋根の端に飾られているものです。ネズミにとってネコは天敵であることから、瓦の形がネコとなっていて、猫瓦と言われているそうです。2022-07-19
4この猫瓦に書かれた絵の意味はなんだろう(サンプル1)この猫瓦に書かれた絵の意味はなんだろう(サンプル1)この猫瓦に書かれた絵を調べて見ると、きくの花と水の流れが書いてあることがわかりました。 きく水には延命長寿という意味があり、それが願いとしてこの猫瓦に込められているのではないかと思いました。2022-07-19
5これなんだろう?これなんだろう?皆さんはこんな瓦を見たことがありますか? これは猫瓦といいます。 猫瓦とは、養蚕をする上で蚕がネズミに食べられてしまうことがあり、そのネズミ除けの願いを込められた瓦のこと。そのためネズミの天敵である猫がモチーフになっている。 上田市上塩尻では蚕種製造が盛んであったり、養蚕をする家が多くあった地域であるため、今でも越屋根といった養蚕特有のものが残っている。もちろん猫瓦が残る家も多くある。猫瓦はただ猫の形をしているだけではなく、文字や絵が掘られている。これらには様々な思いが込められているそうだ。2022-07-11
6上塩尻蚕種製造民家群8 佐藤隆一邸④上塩尻蚕種製造民家群8 佐藤隆一邸④ 街道に面して、土塀が一部残されており、平瓦で葺き、猫瓦が飾られている。平瓦は江戸瓦とも言い、今は使われていない珍しいものである。猫瓦は、昔のものは運送トラックが通行中に破損してしまい、新しいものを送ってきたという。2022-06-18
7<ruby>猫瓦<rt>ねこがわら</rt></ruby>猫瓦ねこがわらかいこべてしまうネズミをけるために上塩尻かみしおじり集落かしゅうらくではよくねこかおかたちをしたかわらられる。ねこからネズミ、ネズミからかいこへとつながるのはとても面白おもしろいとおもう。一見何いっけんなにだろうとおもうものもじつかんがえられていて、なるほどと感心かんしんさせられる。2020-01-10
地図で見る


ログイン トップページへ