星ヶ塔遠望

星ヶ塔遠望

ダウンロード

この国の先史時代を支えた黒曜石原産地の大遺跡星ヶ塔(ホシガトウ)山の全容。黒曜石は火山岩の一種でガラス質で割れ口が鋭利なため石やり・矢じりなどに使われた。中央の窪地が先史時代の黒曜石採掘跡。先土器時代(旧石器時代を含む)から縄文晩期まで2万年以上にわたって掘り続けられた遺跡。旧陸軍の地図にはカタカナで表記されていた。

登録日:2020-03-06 投稿者:下諏訪町立図書館
撮影場所東俣国有林
撮影年月日平成1年12月17日
撮影(西暦)1989年
色調カラー
所蔵者市川一雄
参考文献すわ湖町の平成元年 123p
地区コード東俣
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者下諏訪町立図書館
管理番号1193
カテゴリ名文化・町並み
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
黒曜石の焼却炉

黒曜石の焼却炉

和田峠黒曜石採掘の跡

和田峠黒曜石採掘の跡

和田峠黒曜石採掘の跡

和田峠黒曜石採掘の跡

旧和田トンネル

旧和田トンネル