諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

ダウンロード

沿岸の深さ2m位の湖中へ15~20㎝の角張った石を300~400個ほど入れて丸い塚のように積み上げ、冬ごもりに集まってきた魚を捕る漁法。ヤツカ量は冬の諏訪湖で欠くことのできない漁法だったが昭和40(1964)年代に漁場が護岸工事などで失われ、行われなくなった。諏訪湖ヤツカ漁、全盛期の写真。(ヤツカは屋塚・石塚とも書く)

登録日:2021-03-24 投稿者:下諏訪町立図書館
撮影場所諏訪湖
撮影年月日昭和4年2月15日
撮影(西暦)1929年
色調白黒
大きさ20.0*24.6
所蔵者博物館
参考文献写真が語る下諏訪の百年217p    下諏訪町誌 民俗編 290p      諏訪湖の漁具と漁法 口絵  写真いまとむかし 31p
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者下諏訪町立図書館
管理番号1316
カテゴリ名諏訪湖・漁業
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の漁業

諏訪湖の四ッ手網漁

諏訪湖の四ッ手網漁