明治天皇駐輦址

明治天皇駐輦址

ダウンロード

明治13(1880)年、明治天皇は甲信地方の民情視察を行った。6月24日、石投げ場に車を止められ、諏訪湖の風景をめでられ、漁撈をご覧になられた。この日は小雨であったが、漁師たちは目のした3尺の大鯉を献上したという。後日「明治天皇駐輦(ちゅうれん)の記念碑」を建立した。
ちなみに、石投げ場の名前は、ここから石を投げれば諏訪湖に届くところから生まれた名称である。

登録日:2021-12-26 投稿者:下諏訪町立図書館
撮影場所石投げ場
撮影年月日明治13年
撮影(西暦)1880年
色調白黒
大きさ22.2*27.7
所蔵者シロトリ写真館
参考文献生涯学習ガイドブック歴史編 35p       
地区コード富ヶ丘
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者下諏訪町立図書館
管理番号1761
カテゴリ名文化・町並み
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
一本柳神社

一本柳神社

石投場・石碑

石投場・石碑

石投げ場

石投げ場

石投げ場

石投げ場

萩倉林道開通式

萩倉林道開通式

砥川

砥川

砥川

砥川

御座掛松(ござかけまつ)

御座掛松(ござかけまつ)

石投げ場より

石投げ場より

石投げ場から諏訪湖を望む

石投げ場から諏訪湖を望む

石投げ場から諏訪湖を望む

石投げ場から諏訪湖を望む