春宮大門南の大灯篭

春宮大門南の大灯篭

ダウンロード

高遠系の石工(横川村の山田金右ヱ門の子、平蔵)の作と刻まれている。文政12(1829)年に作られ、6mの高さがある。当時、灯籠に火が入ると諏訪湖からも見え、人々はこの灯火を目印にしたと伝えられている。

登録日:2022-03-24 投稿者:しんちゃん
撮影場所大門南
撮影年月日平成30年
撮影(西暦)2018年
色調カラー
所蔵者矢澤進一
参考文献生涯学習ガイドブックわが町下諏訪歴史編24p
地区コード東弥生町
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者しんちゃん
管理番号90
カテゴリ名神社・仏閣・史跡
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
法泉寺

法泉寺

竜の口

竜の口

和田嶺合戦90年祭

和田嶺合戦90年祭