ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ダウンロード

ワカサギ採卵風景

ダウンロード

砥川採卵組合のワカサギ採卵作業。採卵受精後木枠(卵わく)のシュロゲヘ卵を付ける作業。ワカサギはキュウリウオ科の魚で口に歯があり動物プランクトンを主食とするので、富栄養湖の諏訪湖に移植され好成績をあげた。この魚は年魚で10ヶ月で成魚になり翌春産卵のため、河川の水温が諏訪湖の水温より高くなれば河川にのぼり始める。

登録日:2020-03-06 投稿者:下諏訪町立図書館
撮影場所西赤砂
撮影年月日平成1年3月18日
撮影(西暦)1989年
色調カラー
大きさ11.6*8.2
所蔵者市川一雄氏
参考文献諏訪湖の漁具と漁法 167p
地区コード西赤砂
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者下諏訪町立図書館
管理番号746
カテゴリ名諏訪湖・漁業
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
諏訪湖公魚発祥の地碑

諏訪湖公魚発祥の地碑

ワカサギの選別作業

ワカサギの選別作業

ワカサギの採卵風景

ワカサギの採卵風景

諏訪湖が全面結氷

諏訪湖が全面結氷

ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ワカサギ採卵風景

ワカサギの採卵場の池

ワカサギの採卵場の池

ワカサギ釣り

ワカサギ釣り