キーワードで探す
並び替え:

登録リスト(該当:6件)

写真タイトル説明登録日
1駒形稲荷駒形稲荷社ヶ丘団地は字駒形と呼ばれる地籍で、古く朝廷へ御用の馬を献上する勅使牧が置かれていたといわれる(萩倉の牧)。駒形は古代馬の形像を崇拝した最も原始的な信仰で、萩倉牧の馬神を祀る神社として創立されたものだろうといわれている。社中学校の北方に「馬飼場」という字名も残っている。2020-03-06
2社ヶ丘団地造成社ヶ丘団地造成造成中の社が丘団地。駒形稲荷西北。2020-03-06
3社ヶ丘団地造成社ヶ丘団地造成創成中の社が丘団地。2020-03-06
4社ヶ丘団地造成社ヶ丘団地造成142号線(宮の上)より造成中の社が丘団地を望む。2020-03-06
5小田野(社ヶ丘団地造成前)小田野(社ヶ丘団地造成前)下諏訪町では住宅団地造成のため、東山田小田野地籍23,070平方メートルを買収して、昭和36(1961)年7月から工事に着工した。写真は工事着工前の田畑(多くは桑畑に利用されていた)が広がる様子である。 昭和37(1962)年3月20日工事は竣工し社ヶ丘団地が造成された。2020-03-06
6黒田町長就任記念写真黒田町長就任記念写真役場旧庁舎前。黒田新一郎町長と議員。第26代下諏訪町長、黒田新一郎氏は昭和33(1958)年から昭和45(1970)年まで3期12年間町長を務める。在任中、温泉開発、明るい町づくり運動推進、陸上競技場完成、社ヶ丘団地造成、星ヶ丘団地造成、八島高原の保全、町誌づくり、新庁舎建設等に尽力した。2020-03-06
地図で見る


ログイン トップページへ