上田で養蚕はなぜ始まったのか。

上田で養蚕はなぜ始まったのか。

ダウンロード

養蚕のこれからを考えていくとき、過去を振り返ることはとても大切なことです。今回では上田で養蚕がどのようにして始まっていったのかを振り返ります。

年間降水量が1000ミリ以下の上田地域は長野県内でもとりわけ蚕の飼育に適しています。全国的にみてもこれほど降水量が少ない土地はそうありません。養蚕業をするには輸出がしやすい海辺の方がコストがかかりませんが、どうしても降水量は多くなります。
そういった理由も一部あり長野が養蚕の名産になったのです。
また、上田の養蚕の始まりは寛文の時代に藤本善右衛門家によってはじめられたとされています。

登録日:2022-11-18 投稿者:望月大輝
地区コード上田地域(上田市)
ハッシュタグ
(キーワード)
    ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
    投稿者望月大輝
    管理番号1
    カテゴリ名商品・工芸品
    トップにもどる
    地図で見る
    情報を探す
    キーワード
      同じキーワードを持つ記事