登録リスト(該当:6件)

写真タイトル説明登録日
1仙台東照宮 その5仙台東照宮 その5【仙台祭りから仙台・青葉まつりに繋がるという主張】 伝承 仙台・青葉まつり 武者行列,山鉾巡行,仙台すずめ踊りなど。伊達政宗の命日にちなみ,5月の第3日曜日とその前日に行われる仙台・青葉まつり。第30回仙台・青葉まつりの様子とこれまでの伝承の経過をまとめた作品である。 ・わが回想の青葉まつり 青葉まつりをその始まりから紹介する。また、祭がどのような変遷をたどったかを当時の映像をふんだんに利用しながら人々の風俗や町並みの変化も共に紹介している。 (図書館 | 教材ライブラリー | せんだい教材映像アーカイブ より)2022-02-09
2仙台東照宮 その2 仙台東照宮とは仙台東照宮 その2 仙台東照宮とは宮城県にある仙台東照宮も他の東照宮と同じように徳川家康公を祀る神社である。仙台東照宮の最寄り駅である東照宮駅へは仙台駅から仙山線で一駅で行ける。仙台駅から北に2キロほどの小高い丘の上に位置しており近くには梅田川が流れる。 正式名称は東照宮だが、他の東照宮と区別するために「仙台東照宮」と呼ばれている。 仙台東照宮は伊達政宗公の世継ぎである2代藩主伊達忠宗公が、徳川家康公が休息したといわれる地に創建した。 この場所は天正19年(1591)、葛西大崎一揆の鎮圧に援軍として奥州へ向かった徳川家康公が政宗公の案内でその帰路に休息した地である。また仙台藩の中心である青葉城の正確な北東(鬼門)の位置にあたる。 創建当時は天神社の境内地であり、この天神社は移されて現在の榴ヶ岡天満宮となっている。 造2022-02-09
3【仙台東照宮由緒】【仙台東照宮由緒】【仙台東照宮由緒】 東照宮について ・東照宮は、徳川家康公を御祭神としてお祭りしている神社。 ・将軍家によって創建された日光や久能山の東照宮を始め、御三家や各藩主によって全国各地に創建された。 仙台東照宮 ・正式名称は東照宮ですが、他の東照宮と区別するために仙台東照宮と呼ばれている。 ・仙台の東照宮は、1654年(承応3)、仙台藩の初代藩主伊達政宗公の世継ぎである2代藩主伊達忠宗公によって創建されました。 社殿の造営 ・造営にあたっては実に5年のときをかけ、全国から良材を集め、選りすぐりの一流の職人を筆頭に総勢83万4835人が従事したと言われています。 ・日光東照宮や久能山東照宮が権現造という建築様式を採用しているのに対し、仙台の東照宮は拝殿と本殿を別棟にして、その間に唐門を配置しているとい2022-02-09
4仙台東照宮 ~仙台祭りから仙台・青葉祭りへ~仙台東照宮 ~仙台祭りから仙台・青葉祭りへ~中間報告 調べた内容 【仙台東照宮由緒】 東照宮について ・東照宮は、徳川家康公を御祭神としてお祭りしている神社。 ・将軍家によって創建された日光や久能山の東照宮を始め、御三家や各藩主によって全国各地に創建された。 仙台東照宮 ・正式名称は東照宮ですが、他の東照宮と区別するために仙台東照宮と呼ばれている。 ・仙台の東照宮は、1654年(承応3)、仙台藩の初代藩主伊達政宗公の世継ぎである2代藩主伊達忠宗公によって創建されました。 社殿の造営 ・造営にあたっては実に5年のときをかけ、全国から良材を集め、選りすぐりの一流の職人を筆頭に総勢83万4835人が従事したと言われています。 ・日光東照宮や久能山東照宮が権現造という建築様式を採用しているのに対し、仙台の東照宮は拝殿と本殿を別棟にして、その間2022-01-26
5松川(福島県)松川(福島県) 松川は、山形県米沢市および福島県福島市を流れる一級河川です。写真は福島市で、国道4号線の上を通る松川橋とともに撮影したものです。近くの中学校の校歌の歌詞に入るほど、昔から身近な川として、花火大会が開かれるなど地元の人々に利用されてきました。  また、1600年に起きた関ヶ原の戦いとともに松川の戦いが展開された地でもあることを初めて知りました。上杉景勝率いる西軍上杉軍と、福島に攻め込んできた伊達政宗率いる東軍伊達郡による戦いが「松川の戦い」です。  登下校で毎日通っていた橋の下で、過去には戦いがあったことを知ると、これまでとは違った思いで通ることができます。2021-05-05
6大明神ザクラ大明神ザクラ樹齢1200年の全国で2番目の大きさを誇る国指定の天然記念物です。 伊達政宗がこの桜に身を隠し、生き延びたという伝説があります。2020-05-25
地図で見る


ログイン トップページへ