登録リスト(該当:7件)

写真タイトル説明登録日
1イナゴを食べるイナゴを食べる平成 25 年 12 月に、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。 長野県の伝統的な食文化であるイナゴについてもおいしく食べて楽しく学ぼう! 〈農林水産省も推奨!!イナゴの佃煮の作り方〉 1 いなごは熱湯をかけ、足と羽を取り、よく水洗いし、水切りをする。 2 熱したフライパンにいなごを入れ、弱火で3~5分空煎りする。 3 鍋に砂糖・醤油・酒を入れて煮立て、いなごを入れ、強火で煎り煮する。 4 汁気がなくなる直前に、みりんを入れ照りをだす。 5 汁気がなくなったら火を止めて塩をからめる。(カラっとする) 6 ※いなごの足はすり鉢ですりつぶし味噌、砂糖などお好みの味でいなご味噌を作る。 7 ※いなごの下処理の別法:いなごをとった布袋のまま、熱湯でゆでた後、2022-02-15
2郷土料理郷土料理 佐久鯉について調べましたが、実際に食卓に並んでいた料理の一部を紹介します。 ①鯉こく  鯉こくとは、鯉をぶつ切りにして味噌で煮込む簡単な料理で、地域や家庭により砂糖や山椒を入れる家庭や、調理法に関しては鱗を取らずに調理する過程もあります。 ②鯉の洗い  名前だけではピンと来ないかもしれないが、鯉の洗いとは刺身である。川魚を刺身で食べるのは大変珍しく、新鮮な鯉を扱うことが出来る佐久市ならではの料理であると言える。2022-02-08
3愛知県砂糖配給統制の実際愛知県砂糖配給統制の実際愛知県砂糖配給統制の実際 昭和十八年二月 愛知県経済部経済調整課2021-02-27
4砂糖類御煉油 御通 川伊藤家文書(追加分)砂糖類御煉油 御通 川伊藤家文書(追加分)砂糖類御煉油 御通 川伊藤家文書(追加分)2021-02-27
5チョロギのビート漬チョロギのビート漬チョロギのビート漬は、上田盆地で縁起物としてお正月の食卓に並ぶものの一つだそうで長老喜とも呼ばれています。 材料はチョロギ、塩、食用ビート、砂糖、酢です。 水洗いしたチョロギに塩をまぶし二日間下漬けした後、ビートと交互に重ね、砂糖と酢で混ぜ合わせたものを注ぎ入れ、20日程漬けると食べごろになるお漬物の一種だそうです。 参考:「信州の味ふるさと料理三〇〇種」長野県農業改良協会2021-01-27
6ピザハウスミッキーズ 揚げパンピザハウスミッキーズ 揚げパン海野町商店街通りの細い路地裏にある「ピザハウスミッキーズ」に行きました。メインはピザ屋ですが、きび砂糖、きな粉、ココアの3種類の味の揚げパンも売っていました。私は、きな粉の揚げパンを食べました。揚げたてで、きな粉たっぷりのモチモチした揚げパンは、とても美味しく、懐かしい味がしました。2020-11-17
7豆乳プリン豆乳プリン別所温泉のメイン通りにある長谷川豆腐店の豆乳プリン。 値段はなんと一つ100円‼ 味は豆腐に砂糖をかけた感じの味。豆腐が苦手な人は苦手な味かも・・・2020-10-15
地図で見る


ログイン トップページへ