ネット展示:藤本善右衛門が残したもの

ネット展示:藤本善右衛門が残したもの

ダウンロード

日本一の蚕種製造の地・信州上田を知る上で欠かせない最も重要な人物の一人が藤本善右衛門縄葛(ふじもと ぜんえもん つなね)です。蚕種製造の中心地であった上塩尻村(現在の上田市上塩尻)にはそれぞれの家々が蚕種製造を営み、その中でも佐藤本家は代々が優れた蚕種製造家となり、当主は藤本善右衛門を名乗ってきました。

いったい縄葛(1815~1890)とはどのような人物だったのか、資料からその実像をさぐってみたい。

登録日:2021-01-20 投稿者:ミッチー
地区コード上田地域(上田市)
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者ミッチー
管理番号2158
カテゴリ名私の地域探求
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
蚕都喫茶室/蚕都上田を知る楽しみ~人物編~

蚕都喫茶室/蚕都上田を知る楽しみ~人物編~

『蚕かひの学』藤本善右衛門保右著1841

『蚕かひの学』藤本善右衛門保右著1841

上田人物伝「藤本善右衛門」

上田人物伝「藤本善右衛門」

藤本善右衛門縄葛の遺影

藤本善右衛門縄葛の遺影

歴博の「上塩尻」蚕種製造に関する展示

歴博の「上塩尻」蚕種製造に関する展示

藤本善右衛門縄葛の『続錦雑誌』

藤本善右衛門縄葛の『続錦雑誌』