第十九国立銀行について-5 (八十二銀行)

第十九国立銀行について-5 (八十二銀行)

ダウンロード

八十二銀行上田支店。これまで、上田は生糸業の発展によって栄えたが、第一次世界大戦後に続いた慢性不況と1929(昭和4)年の世界恐慌により生糸価格が崩壊するなど、その繁栄にも暗い影が忍び寄ってきた。このような不況により、当時、県内の最大銀行であった信濃銀行の倒産などが発生し、長野県は「全国一の不況県」と言われるまでになった。このような中、1931(昭和6)年、第十九、六十三銀行が合併し、それぞれの行名の数字を足した呼称である「八十二銀行」が誕生した。

登録日:2020-06-23 投稿者:じょうじ
地区コード上田市
キーワード
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者じょうじ
管理番号807
カテゴリ名歴史文化スポット
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
第十九国立銀行について-4

第十九国立銀行について-4

第十九国立銀行について-3

第十九国立銀行について-3

第十九国立銀行について-2

第十九国立銀行について-2

第十九国立銀行について-1

第十九国立銀行について-1