小県蚕業学校-1

小県蚕業学校-1

ダウンロード

小県蚕糸学校は日本初の中等教育機関としての蚕糸学校として1892(明治25)年に設立されたが、その初代校長となった三吉米熊は、坂本龍馬と行動を共にした活動家として知られる三好慎蔵の子として生まれ、1881(明治14)年に長野県に出仕した。農芸化学専攻で当初は蚕糸業の知識が全くなかった米熊であったが、上塩尻村の藤本家で実習を重ね、微粒子病における顕微鏡使用法の提唱及び指導など実績を残した。またこうした実績を基に1888(明治21)年にはイタリア・フランス蚕糸使節団の一員としてヨーロッパに赴き、現地の試験場や製糸場などを徹底的に視察してその実情を知る。こうした中、小県郡では郡長の中島精一を中心に蚕業界で蚕業学校設立の機運が高まり、その初代校長に米熊を推薦する声が蚕種業者らの間で広がった。これにより前述の通り初代校長に就任した米熊は、亡くなる1927(昭和2)年までその職にあって蚕糸教育に専念することになる。当時の上田を始めとした小県郡の蚕糸業に対する本気度が窺える事例であると言える。

登録日:2021-06-06 投稿者:じょうじ
キーワード
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者じょうじ
管理番号2949
カテゴリ名プロジェクト研究
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
岡谷探索-4

岡谷探索-4

岡谷探索-3

岡谷探索-3

岡谷探索-2

岡谷探索-2

上田蚕糸専門学校-1

上田蚕糸専門学校-1

小県蚕業学校-2

小県蚕業学校-2