下社神宮寺方丈跡の石垣

下社神宮寺方丈跡の石垣

ダウンロード

かつて下社秋宮の東側には下社神宮寺が16200坪とも言われた境内に仏殿千手堂や三重塔、仁王門、弥勒堂、方丈が建立され、たくさんの院坊が付属していた。
明治維新の時、太政官布告明治元(1968)年大政奉還で「神仏判然令」により仏教が排撃を受け、仏像の一部は他の寺に逃れたものもあったが、下社神宮寺は破却されてしまった。
写真は高台にあった下社神宮寺大坊方丈の石垣の跡である。(現言成地蔵尊横の石垣)

登録日:2020-03-06 投稿者:下諏訪町立図書館
撮影場所上久保
撮影年月日昭和53年
撮影(西暦)1978年
色調白黒
大きさ8.9*12.8
所蔵者諏訪湖博物館・赤彦記念館
参考文献写真が語る下諏訪の百年 14p
地区コード上久保
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者下諏訪町立図書館
管理番号515
カテゴリ名神社・仏閣・史跡
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
神宮寺跡・千手の滝跡

神宮寺跡・千手の滝跡

神宮寺跡・大坊跡

神宮寺跡・大坊跡

いいなり地蔵

いいなり地蔵

秋宮右手の石垣

秋宮右手の石垣