舌喰池とは・舌喰池の名前の由来

舌喰池とは・舌喰池の名前の由来

ダウンロード

舌喰池とは・舌喰池の名前の由来

ダウンロード

舌喰池とは、上田市手塚に存在するため池である。築造年は1641年であり、堤高7mで堤長485m。貯水量は13万7900tに及ぶ。

舌喰池には「犬池」という名前も持っているが、主に「舌喰池」と呼ばれるようになった理由は、一つの悲しい物語があるからである。舌喰池が新設された時、土手から水が漏れ、水を十分に溜めることができなかった。その時、生きた人間を土に埋めて祈ることで土手が固まるという話がどこからか伝わってきた。領主の命令もあり村の役人は、土中に埋める人間、即ち「人柱」を立てることを決定した。
人柱はくじ引きで決定することにし、その結果、村に住む若い娘さんが人柱に選ばれた。しかし、娘さんは悲しみにより、人柱に立つ前の晩に舌を食いちぎり、池に身を投げて死んでしまった。この悲しく残酷な出来事もあり、池は無事完成した。
そして村人たちは、完成した池を「舌喰池」と呼ぶようになった。

以下の動画は、筆者が撮影した舌喰池の様子である。

登録日:2021-01-25 投稿者:シャオリン
キーワード
    ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
    投稿者シャオリン
    管理番号2237
    カテゴリ名私の地域探求
    トップにもどる
    地図で見る
    情報を探す
    キーワード
      同じキーワードを持つ記事