岡谷探索-4

岡谷探索-4

ダウンロード

岡谷駅の駅名標。岡谷駅は1905(明治38)年に鉄道院中央本線の終着駅として整備された。製糸業の中心地として、繭を県内・県外に輸送したり、石炭を天竜川の船に輸送する役割を果たした。1905年は日露戦争の年であり、またその4年後に日本は生糸輸出量で世界一位となっている。日本の産業、また国力上重要な期間に岡谷駅は整備されたのである。

登録日:2021-07-19 投稿者:じょうじ
ハッシュタグ
(キーワード)
ライセンスこのライセンスは原作についてあなたに対するクレジットの表示を行う限り、あなたの作品をリミックスし、改変し、あなたの作品を使って新しい作品を作ることを許すものです。これはもっとも懐の広いライセンスです。ライセンスされた資料の流通・利用の最大化のためにお勧めしています。 表示(BY)
投稿者じょうじ
管理番号3045
カテゴリ名プロジェクト研究
トップにもどる
地図で見る
情報を探す
キーワード
同じキーワードを持つ記事
岡谷探索-3

岡谷探索-3

岡谷探索-2

岡谷探索-2

上田蚕糸専門学校-1

上田蚕糸専門学校-1

小県蚕業学校-2

小県蚕業学校-2

小県蚕業学校-1

小県蚕業学校-1